地域密着型の店舗

最近は、古民家風のカフェなどの人気が取り沙汰されていますが、日常的な生活を一瞬で非日常化できるような空間がカフェなどで集客数を伸ばしているようです。

飲食店業界は、大手チェーン店などが、主要な都市の繁華街や、駅前などで、多くの集客数を伸ばしているようにみえますが、対抗するように個人経営の飲食店などでは、様々な試みや、差別化を図ることで、その集客数を獲得しているようです。

個人経営店などの喫茶店などで、メニューブックを開いてみると、昭和レトロを感じるような独自のオリジナリティあるメニューがラインナップされていたり、コーヒーの抽出方法にこだわりを見せてみたり、様々な、集客を見込むような手法がとられているようです。

個人経営する飲食店などが、何よりも大切にするポイントは、お店を訪れる常連さんなどのお店に対する意見や感想などであり、地域に根付いた地域密着型の店舗経営を行うことで、息の長いお店作りが可能となってくるようです。

お客様からの声をお店に活用するには、様々な方法がありますが、お店のテーブルの上に、アンケート用紙を置いていたり、レジ出のお会計の際に、直接的にお客様の反応をお伺いしたりなど、お客様が、ご来店の際に、ダイレクトに、ご意見をいただく形式の他にも、ポイントカードなどを作成して頂く中で、お客様のご連絡先などをご登録いただき、ポイントカードご登録の一環として、お店へのご意見などのアンケートにご協力頂ける旨を、ご了承いただくような、間接的な形式の中でも、お客様との接点をなるべく多くもつような働きかけも必要となってくるでしょう。

脱日常を演出する現代カフェ

最近のカフェや、喫茶店などには、非日常を出す日常と呼ばれるような、イメージ戦略が求められているようです。

自宅でも、美味しく気軽にコーヒーが飲めるようになった時代にあえてカフェ店を訪れる人々に、その価値を見出してもらうためには非日常感や脱日常感などといったような、世界観を醸し出すことが重要とされているようです。

メニューブックなどを開いてみても、コーヒーの抽出方法をこだわってみたり、コーヒー豆の産地にこだわりを見せてみたり、様々な未知なる空間などといったような、お客様のサプライズが重要とされています。店内のパフォーマンスや、サービスにおけるパフォーマンスの一つ一つが、お客様に価値を感じさせ、さらなる高いコストパフォーマンスを意識することで、お客様のリピート率を上げていき、高い集客につながっていくなどと考えられているようです。

皆さんは、最近、訪れたカフェや喫茶店に、新しい発見やサプライズを見つけましたか?

ムーブメントと飲食店経営

最近では、エンターテイメントも含めたようなカフェ経営が話題となっています。

フクロウカフェ、メイドカフェ、猫カフェなど、様々なエンターテインメントを施した、カフェが登場する中で、お客様のニーズは、新たなるサプライズを求めてもいるように感じています。

人々はどうしても話題性のあるものに、惹きつけられるような習性もあるようで、一つの流行やムーブメントが終わってしまうと、次なる新たなるムーブメント求める人々が、様々な流行を生み出しているようですね。

カフェ経営においても、メニューブックなどに掲載される、お料理やドリンク類などの定期的な開発や改良が加えられる事は、カフェ経営の存続にとって大変重要な役割を占めているようです。

メニューブックは、飲食店にとってそのコンセプトを表す意味でも、大丈夫なポジションを占め、お客様の求めるエンターテイメント性も含めメニューブックには、様々なサプライズが必要でもあるようです。

長年愛されるような定番メニューの存在も重要視されますが、時代とともに訪れる、様々なムーブメントに沿ってお客様の期待に応えていく必要があるでしょう。