Uncategorized

飲食店の経営とドタキャン予約

外食チェーン店や、レストランなどでのお客様の振る舞いなどが、昨今問題視されているようです。中でも予約に対する、ドタキャンや、当日キャンセルなどを、店舗側が食材を下ごしらえし、お客様のご来店お待ちかねている最中に、突然のキャンセルを、前触れもなく行うことは、何よりもお店側への大打撃として、食品ロスなどを生み出すことで、経営の圧迫などに繋がっているようです。居酒屋チェーン店などで、メニューブックを開いてみると、団体予約などに関しては、前もっての2日前までのご予約が必要であり、期限外のキャンセルに対してのチャージなどが記載されていることもありますが、最近はサイトなどを利用して予約などを行う際に、候補となるお店をいくつか抑えてしまう形で、予約を入れることで、実際当日になった時にその場で集まった人々の意見を尋ね、多数決で一番票を集めたお店に決定するなど、顧客側のわがままなサイト予約が、お店側への大打撃となってもいるようなのです。その経営を圧迫するまでに、その被害は拡大をみせてもいるようです。実際に常連客が、そのような形で、予約をドタキャンしたりすることは、少ないようなのですが、サイトなどから予約を入れる際には、顔の見えないお客様において、そのような無秩序な行動を取られる方が多いようなのです。

Everyone’s>トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です