Uncategorized

串カツ

近年飲み歩きに大旋風を巻き起こしているのが「串カツ」というカテゴリー。都内でも庶民派から高級店まで多くの串揚げ屋が軒を連ねていると言えるでしょう。距離を縮めたいという時の接待にはベストマッチとも言えるかもしれません。串揚げや串カツというのは、串に肉や野菜を刺し、衣をつけて揚げた料理で、実は牛肉を揚げたものを「串カツ」と呼んでいたようです。

現在では地域によって呼び名も変わり、具材のバラエティも豊富になってきているようです。本駒込にある「伊佐」というお店は、ビブグルマン獲得で知られる名店で、カウンター席中心のこじんまりとしたお店。根津「はん亭」で修行を積んだ二人が経営している店で、料亭の小鉢のように丁寧に仕上げられた創作串揚げが特徴と言えるでしょう。季節の食材を味わいたい時にはコースがおすすめで、24種類を超える食材の中から料理人が吟味し、こちらの食事ペースに合わせて揚げてくれる親切さも有り難いポイント。お会計は、堪能した後に串の本数で清算すると言ったスタイルのため、一旦お財布事情を忘れる事ができるのも非日常感満載でおすすめ。

キーマカレー風味の蓮根やマッシュルームとクリームチーズの合わせ技など、他の店では出会えないような面白くて美味しい串揚げを味わえるのもこのお店ならではの特徴と言えるでしょう。徹底的に計算された味のバランスをとことん楽しんで欲しいお店と言えるでしょう。神楽坂にある「串揚げはやし」では、1日に3組限定とされている「極上串揚げコース」を味わうべき店と言えるでしょう。旬の食材を仕入れたその日にいただける贅沢なコースですが、注目は食材だけでなく、揚げ油に100%ひまわり油を使用しているところも大注目ポイントと言えるでしょう。油自体がヘルシーなので、抵抗感のある揚げ物にも罪悪感が消えていくようです。女性やご年配と言った方にも安心の串揚げをぜひ堪能してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です