Uncategorized

牛肉と日本人

現代の日本人は、牛肉のお料理を好みますが、従来、日本では牛肉を食べる習慣がほとんどありませんでした。牛肉の食文化が一般的に広まったのは、明治時代の頃です。現在スーパーの食品売り場などで売られている牛肉は、「和牛」「国産牛」「輸入牛」のいずれかになります。このうちの「和牛」は、食肉専用の牛として育てられています。「国産牛」は、乳用の牛のことをいいます。 「和牛」は、さらに「黒毛和種」「褐毛和種」「無角和種」「日本短角種」などの4種類 に分類されますが、現在その大部分は「黒毛和種」だそうです。神戸牛、松阪牛、米沢牛などのブランド牛が大変有名ですか、この種も「黒毛和種」を引き継ぐブランドであるようです。「国産牛」は、ホルスタインとして知られていますが、和牛から比較すると霜降りが少なく、全体的に赤身のお肉になります。「輸入牛」のお肉もその大部分は赤身肉になります。ハムやソーセージ、ベーコンなどの食肉加工品は、主に豚肉が使われていますが、コンビーフ、ローストビーフなどは、牛肉の加工品となります。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です