プレオープン

飲食店などの開業において、プレオープンは大変重要な役割を果たしているようです。

プレオープンは、通常実際の店舗営業の1週間から2週間ほど前に、知人や友人などを集めて行う店舗営業の予行練習といったところでしょうか。

スタッフの動線の確認をしたり、様々な機器や調理器具などの動作確認を行ったり、お客様からメニューブックのオーダーをいただく際に、ホールのスタッフと厨房のスタッフの連携業務などの確認など、様々な予行練習の中で問題点を見つけることが何よりも重要です。

実際にお客様がご来店されている中でトラブルや問題が発生することはクレームにつながってしまいますので、オープン当初の店舗営業の中では、評判を下げたくないこともあり、どうしても避けたいのではないでしょうか。

プレオープンなどで実際のお客様の目には触れないような場所を設け、事前に問題の把握やトラブルの予兆を確認しておけば、お客様へのクレームにはつながらないでしょう。

ですが、プレオープンを行うことによって様々な発生する人件費や食品コストなどに関しては、経営者の負担になってしまう為、プレオープンの実地を行わない飲食店経営者も少なくないようです。

Everyone’s>トップページへ